マイニングのための集積回路が特別にある

投稿者: |

仮想通貨を手に入れる方法というのは、取引所とか販売所で購入することができるようなものであればそこで購入するというのがひとつの手としてあります。 そういうところで手に入れることができないものがあるのかといえば、そもそもビットコインのような非常に有名なものとかであれば良いのですが仮想通貨と言っても草コインと呼ばれる価値がほぼゼロに等しいようなものもたくさんあったりしますから、必ず取引所の後で取引されているというわけではないです。 そうしたこともありますから注意しておきましょう。 さて、仮想通貨を手に入れる方法は取引所とか販売所のみならず、自分で掘ることがあります。それがマイニングと呼ばれる行為になります。 マイニングというのは作る作業ではなく、あくまでブロックチェーンの計算を手伝うことによって新しく作られた仮想通貨を報酬としていくらか受け取ることができるというような形になります。 マイニングに参加することによって、報酬として受け取ることができるのですが参加すれば必ずもらえるというわけでもなく、自分が最も早くやる必要性があるということになります。専門的な知識や初期投資が必要になりますし、個人がマイニングに参加して報酬を得ようとするためには、結構なマシンスペックが求められることになるでしょう。 必要になってくるものとして当然マイニングをするためのコンピューターがあるのですが、これは当然ながら、計算能力が高いコンピューターであればあるほどよいわけですが、大事なのはASICです。 ASICとはなんなのか、といえば特定用途のための集積回路となります。コンピューターであれば同じような計算の仕方をしているとか同じような能力を持っているというわけではなく特定の行為に対して非常に特異な集積回路というのがあったりするわけです。 特定の処理のみを行うプログラムをしっかりと組み込んだのがASICです。やってることは割と単純でありハッシュ関数にひたすら数字を代入していきマイニングに特化した演算処理を行うというようなことになります。 このASICを導入することが特定の仮想通貨をマイニングすることには非常に効果的であるということだけは間違いないでしょう。 ASICが搭載されている、それこそマイニングのためのマシーンというのを販売していたりもしますのでそういうものを購入してみてマイニングをやると言うとだいぶ効率的に行うことができるようになるでしょう。